研究内容

最近の研究から

「生態系の更に簡単なモデル」
Y. Murase, T. Shimada, and N. Ito
“A simple model for skewed species-lifetime distributions”
New Journal of Physics Vol. 12 (2010) 063021.
(Selected for Best of New Journal of Physics 2010)

「粉体中での泳ぎについて」
T. Shimada, D. Kadau, T. Shinbrot, and H. J. Herrmann
“Swimming in Granular Media”
Physical Review E, Vol. 80, (2009) 020301 (R)
(Featured in News & Views in Nature Physics Vol. 5, 2009)

「非平衡状態における熱流の分布則」
S. Yukawa, T. Shimada, F. Ogushi, and N. Ito
“Nonequilibrium Microscopic Distribution of Thermal Current in Particle Systems”
Journal of the Physical Society of Japan Vol. 78, (2009) 023002
(Selected as the Papers of Editors’ Choice by JPSJ Editorial Boad)

「細胞間の競争効果を取り入れた癌細胞成長モデルの提案と前立腺癌の間欠的ホルモン療法への応用」
T. Shimada and K. Aihara
“A nonlinear model with competition between tumor cells and its application to intermittent androgen suppression therapy of prostate cancer”
Mathematical Biosciences, Vol. 214 (2008) 134-139

「微視的熱流の分布則」
T. Shimada, F. Ogushi, and N. Ito
“Distribution of Microscopic Energy Flux in Equilibrium State”
Journal of the Physical Society of Japan Vol.76, (2007) 075001

「動的臨界現象の普遍性の検証」

Y. Murase and N. Ito
“Dynamic critical exponents of three-dimensional Ising models and two-dimensional three-state Potts models”.
J. Phys. Soc. Jpn. vol.77 (2008)掲載予定。
「イジングダイポール粒子の熱力学」
M. Suzuki, F. Kun, S. Yukawa and N. Ito
“Thermodynamics of a binary monolayer of Ising dipolar particles”.
Phys. Rev. E vol.76 (2007)掲載予定。
「イジングダイポール粒子の構造と運動」
I. Varga, N. Yoshioka, F. Kun, S. Gang and N. Ito
“Structure and kinetics of heteroaggregation in binary dipolar monolayers”.
J. Stat. Mech. (2007) P09015
「生態系進化の数理」
T. Shimada, Y. Murase, N. Ito and K. Aihara
“A simple model of evolving ecosystems”.
Artificial Life and Robotics vol.11 (2007) 153
「非平衡緩和法のまとめ」
Y. Ozeki and N. Ito
“Nonequilibrium Relaxation Method”.
J. Phys. A vol.40 (2007) R149
「微視的エネルギー流の熱平衡分布」
T. Shimada, F. Ogushi and N. Ito
“Distribution of Microscopic Energy Flux in Equilibrium State”.
J. Phys. Soc. Jpn. vol. 76 No. 7 (2007) 075001
「並列計算機による量子計算回路シミュレーション」
K. De Raedt, K. Michielsen, H. De Raedt, B. Trieu, G. Arnold, M. Richter, Th. Lippert, and N. Ito
“Massive Parallel Quantum Computer Simulator”.
Computer Physics Communications vol. 176 (2007) p.121

Workshop on Statistical and Nonlinear Physics of Circulation(January 18, 2007)


計算結果の紹介


「イジング・チャンネル」
イジング・シミュレーションに、クラスターパターンを変換した音をつけたもの。 

quick time ムービーファイルです。制作:伊藤純至

 

 

 


2相分離のシミュレーション


粒子流シミュレーションのデモンストレーション


剛体円盤による非平衡シミュレーション


「Scale Invariant 模型」

多様化する生態系進化の数理模型

紹介


論文ファイル


研究業績一覧


参考資料


イジング関係リンク集


国際高等研究所公開講演会 「多様性の起源と維持のメカニズム」(2003年11月15日土)

森羅万象の多様性はどのようにして生まれるのか。
そのメカニズムに注目した研究を紹介した。


講演会の概要はこちらへ(国際高等研究所の該当ホームページへ)


非平衡緩和法

- 定常状態を緩和から調べる方法 -


ワークショップ「非平衡緩和法と計算統計物理学」


2003年2月3日開催(東京工業大学100年記念館)